SDGs推進事業

企業のSDGs構築をサポートします

みんなが笑顔で暮らせる社会の実現のために

私たち株式会社ONE-familyは
SDGs推進コンサルタントとして、SDGsに本気で取り組みたい企業を応援しています

SDGs実践型セミナー&ワークショップ

私たちは、一方的な『伝える』講演ではなく様々なカードやゲームを使用することで、
研修・セミナーを受講した方々が自分に置き換え気づき、
再現性のある研修を行うことで『伝わる』かつ『楽しめる』内容となっています。

研修例研修例

● SDGs経営導入 ● コミュニケーション向上 ● 経営理念の浸透 ● 新入社員研修 ● 働きやすい職場でづくり ● 組織力アップ

三方良しから六方良しへ

三方良しから六方良しへ

これからは次世代の人々と地球が喜ぶことをやるこの考えが共感を生み、パートナーになり、ナラティブコミュニティ(物語共同体)となります。SDGsに積極的に取り組むことで、経営者も従業員も幸せに働くことが出来ます。

詳しくはこちら >

持ち味発見ワークショップ

持ち味発見ワークショップ

持ち味とは、人やモノが持っている「良さ、取り得」のこと。持ち味を知ることで、自分らしく生き生きと働くことが出来たり、自分らしいキャリアを歩むことが出来る等、皆さんが成長できる機会がもっと拡がります。

詳しくはこちら >

Get The Point

Get The Point

数あるSDGsゲームとGet The Pointの違いは、小学生から学べる設計になっているということです。設計の段階から小学生が学ぶことを考えて制作されたゲームですが、社会人や中学生向けのワークショップでも好評です。

詳しくはこちら >

ブロックを使ってビジョンを見える化

ブロックを使ってビジョンを見える化

ブロックを用いることで、普段言葉では伝わりにくい事を伝えたり、相手の世界観を尊重する気持ちがわきやすいと言われています。様々な課題を可視化することでビジョン描き、会社組織やチームの結束力を高めませんか?

詳しくはこちら >

三方良しから六方良しへ

三方良しから六方良しへ

SDGs経営のポイントSDGs経営のポイント
SDGsに積極的に取り組んでいる企業のメリットとして、「上場企業から直接受注・間接受注が増加」「消費者に選ばれる」「価格競争に巻き込まれない」「若手の有望な人材を採用出来る」「経営者も従業員も幸せに働くことが出来る」等のメリットが挙げられます。ONE-familyでは、企業のSDGs導入やSDGs推進をサポートしています。

SDGs経営で学べることSDGs経営で学べること

● SDGsについての理解を深める
● ファシリティーチャーとしての在り方を学べる
● 最新のSDGs推進研修のノウハウを学べる

持ち味発見ワークショップ

持ち味発見ワークショップ

持ち味カードを用いたワークショップ持ち味カードを用いたワークショップ

採用や人材育成、組織活性化に「持ち味カード」を活用しています!「持ち味」を活かすことは、自分らしくイキイキ働く拠り所となり、組織の成長発展や活性化に大変効果があります。「持ち味」をカード化することで、より自分自身と向き合うことができ、持ち味を直感的に認識発見することが可能になります。また、カードを交換しあうことで、上司と部下、同僚同士がどのような行動を具体的に発揮したら良いのか共通の認識を持つことが出来ます。

持ち味発見ワークショップで学べること持ち味発見ワークショップで学べること

● より自分自身と向き合う事が出来、持ち味を直感的に認識発見が可能
● メンバーがお互いの持ち味を知り、認め合うことで、メンバー同士の信頼が生まれ、質の高いコミュニケーションの活発化
● 自分の仕事に自信を持て、自分の存在価値やチームへの貢献度を実感出来、お互いの持ち味を活かしあい協力し、生産性の高いチームになる

Get The Point

Get The Point

小学生から大人まで学べる、
SDGs学習ゲーム
小学生から大人まで学べる、
SDGs学習ゲーム

「小学生から学べる=小学生用教材」ではありません。小学生から学べるということは、小学生以降全ての年代に通用する教材でもあるということです。Get The Pointはその名の通り、資源カードを使ってアイテムを作成し、アイテムごとに設定されているポイント数を競うシンプルなゲームとなりますが、「接続可能な社会とはどういうことか」「なぜそのような世界を作る必要があるのか」という持続可能な社会を作っていくために必要な姿勢やマインドについての理解を深めていきます。

Get The Pointで学べることGet The Pointで学べること

● SDGsの要点。基本となる考え方を学ぶことができる
● 接続可能とはどういうことか、接続可能な社会をつくることによって自身にどう良いのかという事について考える
● 接続可能な社会を作っていくために必要な姿勢やマインドを学ぶ