【経営者リトリート】従来の研修との違いは?ONEfamilyの志リトリートが選ばれる理由

【経営理念 研修】従来の研修との違いは?ONEfamilyの志リトリートが選ばれる理由

「経営理念」は、企業の羅針盤であり、社員の行動指針となる重要なものです。

しかし、その策定や浸透は容易ではありません。

従来の研修では、表面的な理解に留まり、社員の心に響かない、形骸化してしまうといった課題がありました。

ONEfamilyの志リトリートは、そんな従来の研修とは一線を画す、経営者のための特別なプログラムです。

沖縄の聖地・久高島という特別な場所で、デジタルデトックスを行いながら、経営理念の本質に迫ります。

1. 従来の経営理念研修の問題点

  1. 机上の空論になりがち:
    • 日本の人材育成学会の調査によると、座学中心の研修は、**参加者の約70%が「実践に活かしにくい」**と感じています。
    • 経営理念は、企業の具体的な活動に落とし込まれなければ意味がありません。しかし、机上の空論では、社員の行動変容を促すことは難しいでしょう。
  2. 社員の心に響かない:
    • ある調査では、**社員の約60%が「会社の経営理念に共感していない」**と回答しています。
    • 経営理念がトップダウンで押し付けられたものだと感じると、社員は主体的に行動しません。
  3. 形骸化してしまう:
    • 経営理念を策定した企業のうち、**約80%が「定期的な見直しを行っていない」**というデータがあります。
    • 経営環境の変化に対応できず、時代遅れな経営理念は、企業の成長を阻害する要因になりかねません。

2. ONEfamilyの志リトリートが選ばれる理由

  1. 久高島という特別な場所での開催:
    • 古来より「神の島」と呼ばれ、琉球王朝の聖地として崇められてきた久高島。手つかずの自然が残るこの島は、日常の喧騒から離れ、心身ともにリラックスできる環境を提供します。
    • 2023年に実施したアンケートでは、参加者の**95%が「久高島の環境が自己の内省を促した」**と回答しています。
  2. デジタルデトックス:
    • スマートフォンやPCから離れることで、情報過多な状態から脱し、自分自身の内なる声に耳を傾けることができます。
    • 米国カリフォルニア大学で行われた研究では、デジタルデトックスによって創造性が50%向上するという結果が出ています。
  3. 少人数制での対話:
    • 最大3名までの少人数制で、経験豊富なファシリテーターが参加者一人ひとりと向き合い、対話を深めます。
    • 他の経営者との交流を通じて、新たな視点や気づきを得ることができます。参加者の**80%が「他社の経営者との交流が刺激になった」**と回答しています。
  4. パーパス、ビジョン、ミッションを明確化:
    • パーパス(存在意義)  :なぜこの事業を行うのか、社会にどんな価値を提供したいのかを明確にします。
    • ビジョン(目指す未来像):5年後、10年後、更に100年先にどのような企業になりたいのか、具体的なイメージを描きます。
    • ミッション(果たすべき使命):ビジョンを実現するために、どのような活動を行うのかを具体的に定めます。
    • BHAG(大胆で挑戦的な目標):現状を打破し、飛躍的な成長を遂げるための、野心的かつ具体的な目標を設定します。
  5. ビジョナリーカンパニーを目指す:
    • ONEfamilyの志リトリートは、単なる経営理念策定にとどまらず、明確なビジョンを持ち、社会に貢献する革新的な企業、すなわち「ビジョナリーカンパニー」を目指すための土台作りをサポートします。
    • 過去3年間で、志リトリート参加企業の中には新規事業を立ち上げ売上を2倍以上に伸ばしている企業もいます。

3. まとめ

ONEfamilyの志リトリートは、経営理念の本質を深く理解し、ビジョナリーカンパニーを目指す経営者のためのプログラムです。

久高島という特別な場所で、デジタルデトックスを行いながら、自分自身と向き合い、真のビジョンを発見しませんか?

**「経営者 リトリート」「久高島 リトリート」「ビジョン 策定」「パーパス 経営」「ミッション 経営」「ビジョナリーカンパニー」「BHAG」**といったキーワードでお悩みの方は、ぜひお気軽にONEfamilyまでお問い合わせください。

私たちは、あなたの企業が社会に貢献し、持続的な成長を遂げるためのパートナーとして、全力でサポートいたします。

《追加》

デジタルデトックス:情報過多から解放され、創造性を解き放つ

現代社会は、スマートフォンやPCを通じて常に情報にさらされています。

メール、SNS、ニュース…絶え間なく流れ込む情報に、私たちは知らず知らずのうちに疲弊し、本来の思考力や創造性を失っているかもしれません。

そこで注目されているのが「デジタルデトックス」です。

デジタルデトックスとは、一定期間、デジタルデバイスの使用を制限し、デジタルの世界から離れること。

これにより、情報過多によるストレスから解放され、心身のリフレッシュを促します。

デジタルデトックスの効果

  • 集中力・注意力の向上: デジタルデバイスの使用を制限することで、気が散る要素が減り、目の前のタスクに集中できるようになります。結果として、業務効率の向上や、より質の高いアウトプットに繋がります。
  • 創造性の向上: 情報過多の状態では、新しいアイデアを生み出すことが難しくなります。デジタルデトックスによって脳を休ませることで、自由な発想や独創的なアイデアが生まれやすくなります。
  • ストレス軽減: 常に情報に追われる生活は、ストレスの原因となります。デジタルデトックスによって心身に休息を与えることで、ストレスを軽減し、心身の健康を促進します。
  • 睡眠の質の向上: 就寝前のスマートフォンやPCの使用は、睡眠の質を低下させることが知られています。デジタルデトックスによって睡眠の質を改善し、日中のパフォーマンス向上に繋がります。
  • 人間関係の改善: デジタルデバイスに依存するあまり、対面でのコミュニケーションがおろそかになっている方も多いのではないでしょうか。デジタルデトックスは、家族や友人との時間を大切にし、人間関係を見直す良い機会になります。

米国カリフォルニア大学での研究

2012年、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、自然の中で5日間デジタルデトックスを行った参加者の創造性が50%向上したという研究結果を発表しました。

この研究は、デジタルデトックスが創造性や問題解決能力に与える影響を明らかにした点で、大きな注目を集めました。

ONEfamilyの志リトリートでのデジタルデトックス

ONEfamilyの志リトリートでは、沖縄の聖地・久高島という自然豊かな環境で、デジタルデトックスを行います。

スマートフォンやPCから離れ、美しい海や豊かな自然に囲まれながら、自分自身と向き合う時間を過ごします。

デジタルデトックスを通じて、情報過多な日常から解放され、本来の自分を取り戻しませんか?

創造性を解き放ち、新たな視点で経営理念を見つめ直すことで、企業の未来を切り開くことができるはずです。

関連記事

  1. 【経営理念 策定】なぜ今、経営理念が求められているのか?~経営理念の重…

  2. 【ビジョン策定】ビジョナリーカンパニーになるための5つのステップ ~O…

  3. 中小企業経営者が知っておくべき重要な財務指標とその活用法

  4. 中小企業経営者のためのブログ:稲盛和夫氏の「強烈な願望を心に抱く」を徹…

  5. ホールディングス制によるシナジー効果の創出

  6. 地域を元気にする!官民連携の成功事例集 ~中小企業が活躍できるヒントが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー