「ビジョナリーカンパニーとBHAGの重要性:経営者が自分自身の志と企業の目標を一致させる必要性」

ビジョナリーカンパニーとBHAGの重要性

ハイサイ! 理念経営コンサルタントの平野です!

皆さんはビジョナリーカンパニーBHAGという概念を聞いたことがありますが?

この考え方や概念はこれからの世界、地球規模での視野・視座が求められる私たち中小企業の経営者にとってとても大切なキーワードになってくるかもしれません…

まずビジョナリー・カンパニーについて少し触れたいと思います。

 

 

ビジョナリーカンパニーとは…

自分たちの”存在意義”に疑問を持ち、自分たちが本当にやりたいことを追求することで、顧客や社会にとって本当に必要な価値を提供することができる企業のことを指します。

このような企業は、長期的な視点で経営を行い、自分たちの存在意義に沿った大きな目標を持つことが特徴です。

ビジョナリーカンパニーは、自分たちのビジョンを社員や顧客に共有することで、顧客との信頼関係を築き、社員のモチベーションを高めることができます。

そして、ビジョナリーカンパニーは、自分たちの存在意義に沿った価値を提供することで、競合他社と差別化を図り、長期的な成長を実現することができます。

 

 

 

BGAGとは…

BHAGは、ビッグ・ヘアリー・オーデシャス・ゴールの略称であり、企業が自分たちに課す大きな目標のことを指します。

この目標を設定することで、企業は将来的な目標を定め、その目標を達成するために必要な戦略を策定することができます。

BHAGの設定は、従業員のモチベーション向上や、競合他社との差別化、投資家からの信頼獲得など、様々な経営向上の効果が期待できます。

ビジョナリーカンパニーにおいては、BHAGは非常に重要な要素であり、将来的な成功を確保するために必要不可欠なものです。

 

 

 

ビジョナリーカンパニーとBHAGの概念はこれからの日本の中小企業の大きな鍵となる!?

 

ビジョナリーカンパニーとBHAGについて知っていることは、中小企業の経営者にとって非常に役立つ情報です。

ビジョナリーカンパニーとは、将来的なビジョンを持つ企業であり、ビジョンを達成するために具体的な計画を持ち、顧客に提供する商品やサービスに熱心に取り組む企業です。

BHAGは、ビジョナリーカンパニーが自分たちに課す大きな目標であり、願望です。経営者が自分たちの企業にビジョンを与え、BHAGを設定することは、企業が将来的に成功するために非常に重要です!

ビジョナリーカンパニーになるためには、まず大きな長期的なビジョンを持つことが必要です。

このビジョンは、将来的な目標であり、そのビジョンを実現するための行動計画を策定することが必要です。

例えば、ビジョンは「世界中の人々が健康的な食生活を送ることができるようにすること」であるとすると、そのビジョンを達成するための具体的な戦略を策定する必要があります。

長期的な目標をたて、具体的な計画を立てることができれば、ビジョナリーカンパニーとして成功することができます!!

同様にBHAGを設定することは、ビジョナリーカンパニーにとって非常に重要です。

BHAGは、大きな目標であり、企業がビジョンを達成するために必要な目標を設定することができます。

たとえば、ビジョンが「世界中の人々が健康的な食生活を送ることができるようにすること」である場合、BHAGは「10年以内に、1億人の人々が健康的な食生活を送ることができるようにすること」であるかもしれません。

BHAGを達成するためには、具体的な計画を立て、情熱をもって取り組む必要があります。このような大きな目標を達成することができれば、企業は大きく成長することができます。

 

しかし、企業のビジョンやBHAGを設定するだけでは不十分であり、経営者自身が自分自身の心からの願う”ホンモノの経営理念・志”と一致させることが必要です。なぜなら、経営者が心から願うことや信じることは、企業にとって非常に重要な要素となり、その志は社員や顧客、さらには地域や社会へ影響を与えることができるからです!

例えば、ある経営者が大自然の中で自然を大切にすることを心から望んでいる場合、その経営者が自分のビジョンやBHAGを設定する際に、自然保護や環境保全に重点を置くことができます。また、その経営者が心から望むことを企業文化に取り入れることで、社員にも同じ価値観を共有することができ、顧客にも企業の価値観を伝えることができます。

企業が経営者のビジョンやBHAGと一致した価値観を持つ場合、企業はより強い意義を持ち、結束力を強化することができます。

 

弊社が提供している大自然の中で大きなビジョンを描き、経営に落とし込む”離島リトリート”は、経営者自身が心から望むものと一致することができます!

「離島リトリート」は、大自然の中でデジタルデトックスをし、自分自身、自然、地球、宇宙とつながることに意識を向けこれまでの自身の概念を超えた世界へスケールすることができます。

志や人間力、地球や宇宙との調和を大切にする経営者にとっては、理想的な環境です。

 

経営者自身が心から望むことや信じること理念や志と企業のビジョンやBHAGを一致させることは、企業の成功に不可欠な要素の1つです。

経営者は、自分自身のビジョンやBHAGと一致する理念・志を企業文化に落とし込み、社員や顧客と共有することで、企業の将来的な成功を確実なものにすることができます。

そのためにも経営者自身が心から望むことや信じることをまず知ることが必要となりあす。

経営者は自分自身の内省を行い、自分自身のビジョンや志を明確にすることができれば企業の発展は間違いないものとなるでしょう…

そして、常に変化に対応する姿勢が必要です!

ビジョンを持つことやBHAGを設定することは、企業の長期的な目標を定めることですが、その目標を達成するためには、常に変化に対応することが必要です。

時代の変化や技術の進歩に対応することができなければ、企業は競争力を失い、ビジョナリーカンパニーとしての地位を保てなくなってしまいます…

まとめとして、ビジョナリーカンパニーとBHAGの設定は、中小企業にとっても非常に重要な要素であることはわかって頂けたでしょうか?

経営者は、自分自身の心から望むことや信じることを企業のビジョンやBHAGに反映させ、社員や顧客にも伝えることが必要です。そして、常に変化に対応する姿勢を持つことが、企業の成功に不可欠な要素であることを理解することが重要です。

弊社が提供する「離島リトリート」は、ビジョナリーカンパニーとして成功するための重要な要素を提供しています。自然と調和したリトリートで、経営者は自分自身の内省を行い、自分自身のビジョンや志を明確にすることができます。このような経験を通じて、自身、自然、地球、そして大宇宙と調和し、自分自身の心から望むことや信じることを企業のビジョンやBHAGに反映させることができ、企業の成功につなげることができるでしょう。

関連記事

  1. 「中小企業がブランディングに取り組む際に重要なのことは」

  2. なぜ今、企業は社会課題解決に取り組むべきなのか?~持続可能な社会と企業…

  3. 中小企業こそ、志・ホンモノの理念が必要な理由とは!

  4. 中小企業が実践すべき経営理念・志・企業ブランディングを活用した効果的な…

  5. 【経営者リトリート】矢崎勝彦さんから学ぶ経営哲学

  6. 中小企業に必要な「ホンモノの経営理念」と「志ブランディング」を活用した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー