中小企業経営者のためのブログ:稲盛和夫氏の「強烈な願望を心に抱く」を徹底解説

はじめに

中小企業経営者にとって、強い意志を持つことは成功に不可欠です。しかし、単なる決意だけでは十分ではありません。

そこで今回は、京セラ創業者であり、KDDI創業者兼名誉会長でもある稲盛和夫氏の経営哲学に基づいた「強烈な願望を心に抱く」について、私の感じた部分を含め解説していきます。

稲盛和夫氏の名言:強烈な願望を心に抱く

稲盛氏は、「強烈な願望を心に抱き、潜在意識にまで染み込ませる」ことを経営における重要な要素の一つとしています。

この名言は、以下の2つのポイントを強調しています。

  1. 強烈な願望を持つ: 目標達成への強い意志を持ち、潜在意識にまで染み込ませること。
  2. 従業員と共有する: 経営者の強い意志を従業員と共有し、共感を得ること。

強烈な願望を持つことの重要性

強烈な願望を持つことは、以下のようなメリットがあります。

  • 困難を乗り越える力: 強い意志があれば、困難な状況でも諦めずに目標達成に向けて努力することができます。
  • 周囲を巻き込む力: 経営者の強い意志は、周囲の人々を巻き込み、組織全体の士気を高めることができます。
  • 奇跡を引き起こす力: 強い意志と行動力は、想像を超える成果を生み出すことがあります。

強烈な願望を持つためのポイント

強烈な願望を持つためには、以下のポイントを意識することが重要です。

  • 明確な目標を持つ: 何を成し遂げたいのか、具体的な目標を明確にする必要があります。
  • 強い信念を持つ: 目標達成への強い信念を持ち、諦めずに努力し続ける必要があります。
  • 潜在意識に働きかける: 繰り返しイメージトレーニングを行うなど、潜在意識に目標を刷り込むようにする必要があります。
  • 周囲の協力を得る: 強い意志を周囲に伝え、共感を得て協力してもらうことが重要です。

願望を従業員と共有すること

経営者の強い意志を従業員と共有することは、組織全体の士気を高め、目標達成を促進するために非常に重要です。

願望を共有するには、以下のような方法があります。

  • 経営者による説明会: 経営者が全社員を集めて、自らのビジョンや目標を説明する。
  • 文書による共有: 経営者の理念やビジョンを文書化し、全社員に配布する。
  • 社内報: 社内報で経営者の考え方を紹介する。
  • イントラネット: イントラネットで経営者のメッセージを公開する。

また、日々のコミュニケーションの中で、経営者が自らの強い意志を積極的に表現することも重要です。

まとめ

強烈な願望を心に抱き、潜在意識にまで染み込ませることは、中小企業経営者にとって非常に重要です。

稲盛和夫氏の経営哲学に基づいたポイントを参考に、自らの目標を明確化し、強い意志を持って行動することで、組織の活性化と目標達成を目指しましょう。

関連記事

  1. ローカルゼブラ企業:地域を照らす希望の灯火、その成功事例から学ぶ

  2. ホールディングス制によるシナジー効果の創出

  3. 中小企業における採用の現状と課題

  4. 中小企業経営者のためのブログ:稲盛和夫氏の「誰にも負けない努力」を徹底…

  5. 財務諸表を読み解く力:経営の羅針盤を手に入れる

  6. 志をキーワードに中小企業のブランディングを成功させる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー