心理的安全性には自己肯定感・他者肯定感が組織変革の鍵!!

はじめに

近年、企業経営において「心理的安全性」が重要視されています。

心理的安全性とは、チームメンバーが安心して意見を発信したり、失敗を恐れずに挑戦したりできる環境を指します。

この環境を実現するためには、自己肯定感他者肯定感が重要な役割を果たします。

1. 心理的安全性の重要性

1.1. イノベーションの創出

心理的安全性の高い組織では、多様な意見が活発に交わされ、新たなアイデアが生まれやすい環境が生まれます。これは、イノベーション創出に不可欠な要素です。

事例:Google

Googleは、心理的安全性の高い組織として知られています。

同社では、社員が自由に意見を交換できる場を設け、失敗を恐れずに挑戦することを推奨しています。

この環境が、革新的なサービスを生み出す原動力となっているのです。

1.2. エンゲージメントの向上

心理的安全性の高い組織では、社員が安心して仕事に取り組むことができ、高いエンゲージメントを発揮する傾向があります。

調査結果:ハーバード大学

ハーバード大学の調査によると、心理的安全性の高いチームは、低いチームよりも離職率が25%低く、生産性が12%高いという結果が出ています。

1.3. 組織の成長

心理的安全性の高い組織は、変化に柔軟に対応し、持続的な成長を実現することができます。

事例:トヨタ自動車

トヨタ自動車は、現場の意見を積極的に吸い上げる仕組みを導入することで、心理的安全性の高い組織を実現しています。このことが、同社の高い競争力につながっているのです。

2. 自己肯定感と他者肯定感

2.1. 自己肯定感

自己肯定感とは、自分自身を価値ある存在だと認め、肯定することです。

自己肯定感が高い人は、失敗を恐れずに挑戦したり、積極的に意見を発信したりすることができます。

2.2. 他者肯定感

他者肯定感とは、周りの人を価値ある存在だと認め、肯定することです。

他者肯定感が高い人は、相手の意見に耳を傾け、協調性を持って仕事に取り組むことができます。

3. 自己肯定感・他者肯定感が心理的安全性の高い組織を作る理由

3.1. 意見の発信

自己肯定感と他者肯定感の高い人は、自分の意見を安心して発信することができます。

3.2. 多様性の尊重

自己肯定感と他者肯定感の高い人は、異なる意見も尊重することができます。

3.3. 失敗への寛容性

自己肯定感と他者肯定感の高い人は、失敗を恐れずに挑戦することができます。

4. 企業がすべき取り組み

4.1. 自己肯定感・他者肯定感を高める研修

自己肯定感・他者肯定感を高める研修を実施することで、社員の心理的安全性を向上させることができます。

4.2. フィードバックの文化

建設的なフィードバックを送り合う文化を醸成することで、社員の成長を促進することができます。

4.3. 多様性の尊重

多様な価値観を受け入れる風土を醸成することで、心理的安全性の高い組織を実現することができます。

5. まとめ

心理的安全性は、組織変革の鍵となる重要な要素です。

自己肯定感と他者肯定感を高めることで、心理的安全性の高い組織を実現し、企業の成長を促進することができます。

自己変革の一歩は経営者自身の、幹部者自身の自己肯定感を高め、他社肯定できる環境をつくることです。

そのための第一歩として、自己理解・自己の志を育む場として弊社のリトリートを体験してみてください。

関連記事

  1. 地域社会と共に根づく持続可能な未来 – 中小企業による植林…

  2. 中小企業における採用の現状と課題

  3. ビジョンの高次化:中小企業が直面する新たなチャレンジ

  4. 未来を拓く鍵:経営者・経営幹部の「コーチング力」と「傾聴力」

  5. 中小企業の採用戦略と志 ― 魅力的な採用サイトの制作を通じて

  6. 個々の強みを活かした職場づくり 〜私のトリセツプロジェクト〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー